ぺんたろう日記

悩めるアマチュア音楽家とコントラバス弾きのための,明日の練習をちょっとだけ楽しくするブログ

【コントラバス】メヌエット Gdur / プチ反省会【弾いてみた】

南極からこんにちは、こんばんは。

ぺんたろうです。

f:id:PentarO:20200229170344p:plain

冷やし中華始めました

昨日ブログとツイッターにアップした演奏のプチ反省会です!!

 

大見出し

まず冒頭はこんな感じ!

 

f:id:PentarO:20200802182240p:plain

ちなみにすっかり忘れて付け忘れたんですが

G durなのでFは#です!!

申し訳ない!!!すいません!!!

 

この辺はほぼスケールなのでこんな感じで。

f:id:PentarO:20200802182553p:plain

 

ボウイングは1拍目にダウンを置きたかったので切りました。

2小節目のD-Gは音程合わせるの苦手な指なので開放に逃げて、3拍目はちゃんと鳴らしたいので押さえていきます。解放スタッカートはガリっといきがち!!

 

この2小節でも反省はたくさんあるんですけど、

 

1小節目1拍目のDがトロい、2拍目のGとなんとなくつながってしまってるのでもっとセパレートしたかったなと思いました。

 

立ち上がりが遅くなりがちなのが悪癖なので元々そうなりやすいんですが、昨日書いたようにバロック=フラットな演奏というイメージがなんとなくあって、変に意識してしまったのが更に追い打ちをかけてます。

 

もう1つむずいな~と思うのがこちら。

f:id:PentarO:20200802183404p:plain

4分スタッカートの形。

これでいつも悩むんですよね~

 

スタッカートって「短く」が先行して「タッタッタッ」って演奏しちゃう場合があるんですけど、実際には「音を離す」という意味が近いです。

f:id:PentarO:20200802183342p:plain

雑な図なんですが「タッタッタッ」って演奏した場合の波形が実線の部分(三角のお山上)のイメージです。

 

しかしこの楽譜を見たとき「トントントン」って比較的置いた感じのスタッカートを付けたいな~と思いました。その場合の比較が点線の部分です。

 

要素を分解すると図の下にあるように「TON」になるんですが、この「ON」の部分、とりわけリリースがこの曲中で一番くそ下手だな~と思ってます。

 

「O」が安定せず減衰ガチ、「N」が手放しきれずなんとなく後ろの音につながってる感じです。う~んキモイ。

 

ちなみに「タッタッタッ」のパターンも当然あるんですが、これも上手い人は「TA」「A」がしっかり聴こえてくるんですよ!!!数日ぶりにもう一度言いますが奴らは変態です。

 

おわりに

プチ反省会なので傷をえぐるのはこの辺にしておきます!!

 

今回「うわぁ……」と思ったところを脱却するにはどういった弓使いをすればいいか考えて実践してまた「うわぁ……」って思うだけの簡単なお仕事(練習)をしてまいります。

 

4分スタッカートは本当にいつも悩みどころなので一緒に悩みましょうね!!!!

 

それでは、また!!

 

f:id:PentarO:20200229173037p:plain

たまごうま~

 

f:id:PentarO:20200802190321p:plain

 

過去記事の一覧はこちらから!

twitter開設しました!フォローミー!

 

 

youtubeはこちら! 

上野ぺんたろう - YouTube

 

しれっとブログ村にも参加しました!

↓クリックにてご支援お願いします(*´ω`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆ボタン購読登録 是非お願いします!

 

【コントラバス】メヌエット Gdur / ペツォールト【弾いてみた】

南極からこんにちは、こんばんは。

ぺんたろうです。

f:id:PentarO:20200229170344p:plain

夏のにおいがする!

さて。

 

昨日までウダウダいって公開しない予定だったんですけど、

 

よく考えたらこのブログは下手な演奏見て自信もって貰うためのやつだったな!

 

と思い出してココとツイッターメロディパートだけ置いておくことにしました!!

 

メヌエット Gdur / ペツォールト

 バッハのメヌエットとして有名ですが、別の方の作曲らしいです。私は恥ずかしながら最近知りました。詳しくはwikipedia先生に問い合わせてください!!

 

 

1発目のDで既に音程終わってますね!!!

みんなはちゃんと弾き始める前に音程とろうね!!!

 

特別意識していたのは2点です。

 

・ノンヴィブラート

 

・弓速をあまり付けない

 

ノンヴィブについては私のあっさいバロック知識によるもので、素直にビブラートのイメージが無かったのでそうしました。録音中でも手癖で何回かかけそうになってきょどっております。

 

弓速の方は「落ち着いた音楽」のイメージから、昨日のアタックの話じゃないですがあまり音を立てたくないなということでそうしてみました。ただ、これに関しては聴けば聴くほどもっと工夫すべきだったなと思います。

 

装飾音はコントラバスという楽器の性質上向かないなと思ったので逃げました。実際オケ曲でも装飾来ると「やだなぁ~~~~!!!」と思ってます。笑

 

おわりに

明日プチ反省会をアップ予定です!

 

何度も言い訳で申し訳ないですが、私はバロック等の音楽知識については特に詳しくも経験もないのでお作法が何か間違ってたら申し訳ありません!!優しくそっと教えて頂けると喜びます!!

 

音源に関しては音量関係以外のお化粧は一切してませんので、粗を探して「私はこうならないように気を付けるわよ」という使い方をしていただけると幸いです!!

この曲の中にはこの曲に限らない「こうなりやすいよね~」というミスが処々に散りばめられておりますので。笑

 

それでは、また!!

f:id:PentarO:20200229173037p:plain

夏のにおい販売してないかな

 

f:id:PentarO:20200802165715p:plain

過去記事の一覧はこちらから!

twitter開設しました!フォローミー!

 

 

youtubeはこちら! 

上野ぺんたろう - YouTube

 

しれっとブログ村にも参加しました!

↓クリックにてご支援お願いします(*´ω`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆ボタン購読登録 是非お願いします!

 

【音楽】アタックと音の中身の話

南極からこんにちは、こんばんは。

ぺんたろうです。

f:id:PentarO:20200229170344p:plain

遂に台風が出来たらしい

昨日バロックの話を書いてて思ったことがあるので赤裸々に!

 

アタックの話

音楽やってると「アタック」ってよく聴きませんか?

 

言葉の意味は界隈によって結構変わってしまうんですが、器楽合奏をやってる人であれば多くが「音の出だし」という意味で認識していると思います。

 

「強く出る」という意味でとる方も結構いらっしゃいますが、今日のところは便宜上「発音の瞬間」という意味で捉えて頂けると幸いです。若干適切でない気もしますが!!便宜上!!!

 

アタックはとても大切で、例えばある楽器の音からアタック部分を切り取って再生すると何の楽器が鳴っているのかわからなくなるなんて話もよくあります。

 

音のキャラクターやイメージもアタックに頼る部分が多いのは皆さんご存知の通りだと思いますが、ここでちょっと考えます。

 

「アタック」ってほんの一瞬の出来事なんですよ

 

f:id:PentarO:20200801173435p:plain

端っこのほんのひとかけ。

 

ちょっと話は逸れますが、例えばピアノは一瞬、鍵盤を押してしまえばその音を後からクレッシェンドさせることはできないし、ペダル操作で余韻をつくることは可能ですが後から手を加えることはほぼできません。ちょっと言葉が難しいんですが。

 

 

故に、これらの楽器は音を出す瞬間に「その後その音がどうなって欲しいか」を全て計算に入れて音を出します。ピアニストに話をきけば聴くほど人間離れした技を持っています。素直にヤバいです。ほとんどの打楽器類も同様です。

 

アタック以外にコントロールが効く部分がほとんどないんですよ。それにも関わらずえげつない表現力を持ってて音が歌ってるので本当に演奏家ってすげえなと思うわけなんですが。

 

 

それに対して管楽器や擦弦楽器の強みは、

「音の中身をコントロールできる」ところにあります。

 

例えば全音符を弾いてるとき、3拍目から徐々に音量と勢いを増すことだってできるし、フォルテピアノクレッシェンドのように一音の中で緩急をつけることも、音色を変えることも可能です。

 

コントラバスにおいてはいつも書いているように「弾く位置x重さx量(速さ)」で音色を作っていくので、音を出している間は常に気を配らなければいけません。

 

ところがどっこい!!!!!!

 

「アタックの音色」だけ気にしてその後の音については放任主義なことがとても多い!!!!!

 

アタックの瞬間の位置や重さはすごく考えているのに、それが終わると急に「スンッッッッ」って意識が切れちゃう子がとても多いんです。音符がある部分だけで演奏していて、モグラ叩きみたいになっちゃうんですよ。

 

大抵の音は「アタック」よりも「アタックしてから音を手放す(切る瞬間)」までの方が圧倒的に長いです。折角アピールできる時間があるのに無意識に捨ててしまうのはとってももったいない。

 

f:id:PentarO:20200801173506p:plain

 

これは全音符のような長い音に限った話ではありません!!!!!

 

例えば16分音符で早いパッセージが来た時も、うまい人は全部「音の中身」が聞こえてきます。まじで変態だなと思います。奴らは変態です。

 

そういった練習方法は別途でご紹介していきます!!!

 

おわりに

バロックとかやる場合は逆に、

下手に音の中身を歌うと超キショイ!

と気づいたからこんな記事を書いたんですが。笑

 

何事も時と場合によりますね~!

 

もちろんこの教訓は「無頓着で良い」ではなく、「自然に減衰する音」を表現するにはそれなりの工夫とコントロールをしなきゃいけないわけです。そのコントロールがくそ下手で今回お蔵になってしまったわけですが!

 

一応誤解のないように書いておくんですが、アタック(発音)の練習は超絶大事です。

 

ただ、「アタック」「音の中身」「リリース(切り方)」を分けて考えて練習出来れば、単純に3倍上手になれるチャンスがあると思ってるわけです。

 

もっと言えば割合で言えば「音の中身」の時間が圧倒的に長いので、そこに意識が向くだけで存在感が劇的に変わります。

 

合奏であれば独りよがりでなく「周囲に合わせた音」をそれぞれ作ることが出来れば貢献度倍増間違いなし!!

 

自分はさらう時音の中身・リリースの音色、身体の動きを先に掴んでそこにアタックをこっそりつけるといった感じで作ります!!

もし行き詰ってる方がいらっしゃいましたら気にしてみてはいかがでしょうか!!!!!!

 

それでは、また!!

f:id:PentarO:20200229173037p:plain

災害への備えは欠かせませんね

 

f:id:PentarO:20200801173408p:plain

過去記事の一覧はこちらから!

twitter開設しました!フォローミー!

 

 

youtubeはこちら! 

上野ぺんたろう - YouTube

 

しれっとブログ村にも参加しました!

↓クリックにてご支援お願いします(*´ω`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆ボタン購読登録 是非お願いします!

 

【雑記】録れてない件!!

南極からこんにちは、こんばんは。

ぺんたろうです。

f:id:PentarO:20200229170344p:plain

いくら水を飲んでも喉乾く

と!!

 

と!!!!

 

録れないんじゃ~~~~!!!!

 

セルフ二重奏

久しく演奏動画を投稿できてないんですが、大きく分けて2つの理由があります。

 

1つは板タブを設置したため

オーディオ周りの配線が混沌化してもうた

 

これに関しては修正の目途が立っているので配線やればなんとかなりそうです(やるとは言ってない)

 

 

深刻なのはもう1つ。

普 通 に 下 手 ! ! ! ! ! ! !

 

え、今までも下手な演奏あげてるやんって思いますでしょ?

 

これとか 

これとか

 

これくらいは別に許容できるハードルの低さにもかかわらず「これは世に出せない!!」と思うほど弾けないんですよ!!!!

 

◆弾こうとした曲

ちょっと毛色を変えて某有名なメヌエットを弾こうとしてたんですよ。

 


J.S.Bach (C.Petzold) : Menuet G-Dur バッハ(ペツォールト) : メヌエット ト長調

 

跳躍も多いですけどまあ何とか行けるかな~と思って、ちょっとさらって、じゃあ合わせてみましょうかとなったんですけど。

 

録音して、重ねて、聴いてみて、

ん?????

と。

 

なんか違うな????

と。

 

原因はなんとなくわかってるんですけど、ひとえにバロックへの知識と経験の無さじゃなかろうかと。

 

イメージですよ?

イメージなんですけど。

 

バロックって緻密なガラス細工みたいなところあるじゃないですか??

一欠けでもしてしまうと全体の意味が変わっちゃうみたいな。

 

その結果、形はあるんだけどまったく別の物になっちゃってんですよね。

 

そんなこんなで、気合いれて2テイク撮ったんですけどとりあえずお蔵になりました!!南無!!

 

◆苦手なこと

普段いかに適当に弾いてるかってことなんですよね~!!!

 

もちろんロマン派とか現代とかなってくると必ずしもそれが正解というわけではないと思うんですけど、古典、バロックへの苦手意識はぬぐえません。違うタイプの緊張感ありますよね……!!

 

まずは単純に聴く量が少ないので、オルガンとかチェンバロとかいろいろ聴いて研究してみようかなぁと思いました!!!

 

おわりに

そんなこんなでひとまず別の曲にシフトチェンジして近日アップ予定です!!

 

よろしくお願いします!!久々だから緊張する!!!

 

ついでにと言っては何ですけど、配線はほんとに近いうちに何とかする予定なので、8月はBGMとお歌の投稿もしたいと思ってます!オーディオ強化月間!!(予定)

 

こっちに関しても、基本的に「下手な鉄砲が当たるまで打ち続けるスタイル」で創作してるのでそれもなんとかしてえなとは思ってます!!!

 

日々アップデートで生きていきたい!あと暑い!!!

それでは、また!!

 

f:id:PentarO:20200229173037p:plain

吸収されてる気がしない

 

f:id:PentarO:20200731172620p:plain

過去記事の一覧はこちらから!

twitter開設しました!フォローミー!

 

 

youtubeはこちら! 

上野ぺんたろう - YouTube

 

しれっとブログ村にも参加しました!

↓クリックにてご支援お願いします(*´ω`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆ボタン購読登録 是非お願いします!

 

 

【音楽】上半期に弾けなった曲を振り返る件!

南極からこんにちは、こんばんは。

ぺんたろうです。

f:id:PentarO:20200229170344p:plain

過去に何を紹介したか覚えてませんが!

 

なんか最近1週間のうちに3週間くらい終わってません?気のせい??

 

オケの話いろいろ

最近、ようやっと周辺の市民オケからも再開の話が聞こえてきました!!

現状ではおおむね10月頃に再開を考えている団体が多いように感じます。

 

とはいえ現在の状況でどうなるかはちょっと不透明ですが!!

一応楽譜の準備と練習を進めとこうかな~といったところで。

 

今年も半分が終わって久しいので、残念ながら上半期に中止になってしまった曲を懐古(?)してみようかなぁと思います。

 

◆やりたい曲がたくさんあった!!

まずはこちら。

 

幻想交響曲 / ベルリオーズ


Berlioz : Symphonie Fantastique

 

だいっっっっすきな曲なんですよ!!何回目だ?

諸事情でスコア3冊持ってんですけど全部ヨレヨレです!!

何回か弾いたこともあるんですけどまたやりたかった!!!!!

 

内容はヤク厨の男が幻覚を見たり首を飛ばされたり(物理)グロい世界で饗宴にふけったりメンヘラ丸出しのなんとも俗な曲です!!

 

しかしそれもまたクラシック!!

 

「幻想」はとても標題音楽的で、物語を見ているような気持ちになります。

 

標題音楽というのは端的に言ってしまえば「こういうコトを表現しました」と音楽にタイトルを付けたりするようなことです。「幻想」の場合は幻想交響曲というタイトルのもと、各楽章にそれぞれ標題がついています。

 

対して、標題音楽のように一定の何かを表現するためではなく「音楽のための音楽」として作られた曲を絶対音楽とすることがあります。

そういう場合は曲の構成や調性、番号等を付けて交響曲第〇番〇長調なんていう場合が多いです。この後に標題がくっつく場合もありますし、その標題を巡って色々研究や議論がなされる場合もあります。

 

ベートーヴェン交響曲第5番、俗に言う「運命」がいい例で、あれは本人がつけた標題ではなく単なる通称とされています。

 

まぁこの辺は素人知識なので、興味がある方は是非研究してみて下さい!

 

ちなみにクラシック愛好家の中には標題音楽そのものをあまり好かない方もいらっしゃいますが、そこらへんは住み分けて上手くやってます!

 

クラシック音楽は一括りにされがちですが本当に色んな曲があるんですよ!!

 

 

お次に

交響曲第5番 / マーラー 

 


Mahler: 5. Sinfonie ∙ hr-Sinfonieorchester ∙ Andrés Orozco-Estrada

 

やりたいよね!!!(確信)

結婚行進曲と見せかけて冒頭のラッパソロを吹くという界隈では有名な鉄板ギャグがあるので是非皆さん試してみて下さい!!責任はとりません!!!

 

マラ5は難しいんですけど、マーラーの他の曲と比べたら個人的にはわかりやすい方だと思います。4楽章のアダージェットはとても有名で、ほんとまじで昇天できます。

 

ラフマニノフ交響曲2番(ピアコンじゃない方)の3楽章とか、ショスタコーヴィチの5番の3楽章とか、激しいことで有名な曲の緩徐楽章はあんまり脚光を浴びないですが本当に心がきゅっとなるのでお勧めです。

 

話はマーラーに戻りますが、図らずも幻想交響曲と同じ5楽章構成になっていて、歴史の流れを感じますね?

 

実はマラ5今まで弾いたことなかったんですが、その理由はひとえに

編成がデカすぎて市民オケだと難しい

曲の難易度もそうなんですけど、楽器と人がたくさん必要になると当然その分支出が増えます。難しいんじゃ~~!!!!

 

折角誘って貰えてうれしかったんですが無くなってしまったので次の機会までさらいながらお預けです!

この曲はムズイけどむずいだけじゃなく、弾くと適度にテクくて気持ちいいのでさらってみてはいかがでしょうか!

 

おわりに

他にも5個くらい本番あったんですけど思ったより熱い想いが溢れてしまったので今日はとりあえずここまでで!!

 

個人的にはどんな曲でも楽しく弾くので社会が落ち着いたらバンバン取り戻していきたいところです!!

 

きっと演奏会の形態も何かしら変わっていくと思いますので、そういうところも楽しみながら今後も音楽と関わっていきたいと思います!!

 

皆さんもまた楽しく音楽出来る日が来ますように!!

 

それでは、また!!

 

f:id:PentarO:20200229173037p:plain

好きなもんは何回でも好きという!

 

f:id:PentarO:20200730173028p:plain

過去記事の一覧はこちらから!

twitter開設しました!フォローミー!

 

 

youtubeはこちら! 

上野ぺんたろう - YouTube

 

しれっとブログ村にも参加しました!

↓クリックにてご支援お願いします(*´ω`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

☆ボタン購読登録 是非お願いします!

【雑記】すいかを描いた件【おえかき】

南極からこんにちは、こんばんは。

ぺんたろうです。

f:id:PentarO:20200229170344p:plain

 

「すいか」

 

f:id:PentarO:20200729174000p:plain

 

「すいか」です!!!

 

夏っぽいシリーズが引き続き続いております~

やっぱりメインのものと背景がいまいち馴染まないのが悩みですね!!

 

イカの水っぽさをもう少し出したかったなぁ

水滴とか上から少し足してみたら良かったかも!!

 

あとは色塗りでごまかしているところがたくさんあるので、実際の輪郭をもっとちゃんと研究してモノクロでも表現できるようになろうと思います!

 

反省と気づきは次回に活かして生きていきましょう!!

 

おわりに

ぜんっぜん関係ない話をします。

 

最近運動量が著しく減っているせいか、食がめちゃくちゃ細くなってる気がします!!

元々夏はあんまり食べないタイプの人間なんですが、輪をかけて小食というか、

 

アブラモノがマジで食えない!!!

 

いや、食えないことはないんですよ。量が入らないんですよ。涙。

 

サーモンとかカルビとかサクッと揚がった系の物とか無限に食べたいのに!!!食べたいのに体が言うことをきかない!!

 

これが……大人になるってことなの!?!?

 

悲しい……あまりにも悲しすぎる……

子どもの頃、大人たちが「油はちょっと……」といっていたのがわけわからんかったですがいざ、自分の身に降りかかると何とも涙が止まりませんね。

 

代わりにスイカみたいな水分たっぷり爽やか食品を食べまくって生きていきたいと思います!!!!

 

それでは、また!!

 

f:id:PentarO:20200229173037p:plain

 

 

☆ボタン購読登録 是非お願いします!

 

過去記事の一覧はこちらから!

twitter開設しました!フォローミー!

 

 

youtubeはこちら! 

上野ぺんたろう - YouTube

 

しれっとブログ村にも参加しました!

↓クリックにてご支援お願いします(*´ω`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【雑記】ゴミとゴミ拾いとペンギン

南極からこんにちは、こんばんは。

ぺんたろうです。

f:id:PentarO:20200229170344p:plain

汗が止まらない

 

近所に毎朝早くから路上のゴミ拾いをしている人がいます。

 

凄く偉いな~(不遜すぎる)と思うんですが、

スゴクエライで済ませていいのこれ!?

 

日常より

 

我が家の周辺は比較的治安がいいです。

 

極稀に外人に因縁をつけられてボコられたり金槌を投げつけられたりすることはありますが、基本的には治安がいいです。

 

それでも路上を歩けばゴミが落ちています。

 

空き缶、コンビニ袋、焼鳥の串。

 

あまりにも日常に馴染みすぎてスルーしがちですが道端に普通にゴミが落ちてるってそこそこ異常な光景では?!

 

ポイ捨てする輩の神経は全く理解できないですが、そういう人が日常に紛れて普通に仕事してると思うと、少なくとも自分とは相いれないので本当に恐ろしくなります。こわぁ~

 

と思えばですよ。

 

朝も早くからゴミ拾いをして歩いているおじさんがいるわけです。

 

報酬を受け取るわけでもなく、自分の時間とお金を使って。

 

 

お か し く ね ! ? ! ?

 

違和感ありますよね?

 

せめてそれに見合う対価を受け取って欲しいと思いますよね?

 

もちろんそういった方々が報酬を求めてやっているかといえば、ほとんどの人がそうではないんだろうと想像します。

 

でもだからと言って「好きでやってるんだから別にいいでしょ?」って放っておいていいんか??という悩みというか葛藤というかがあります。

 

まぁ自分のペラい頭じゃ今のところいくら考えても答えを出すことは出来なさそうなので、せめて忘れないようにしようと思うんですが!!!

 

デカデカ社会問題もそうなんですけど、自分はこういった小さな小さな矛盾みたいなものに頭を抱えながらくたばるんだろうなぁ~という謎の自信があります。

 

◆日常より2

ゴミ拾いの方もそうなんですけど、昔出勤で使っていた道路で毎朝毎朝交通安全の旗を振ってるおじさんもおりました。

 

狭い道で子供に笑顔で挨拶して、信号で止まった車には深々と頭を下げるようなおじさんです。

 

おじさんのこと何も知らんですし、裏でなんか悪いことをしてる可能性がゼロだと断言することすらできませんが。

 

それでも、自分の手の届く範囲で出来ることをしている彼らは本当にすげえなと思います。そして、そういう人々にスポットを当てることが出来ないのがなんとももどかしく、歯がゆくもあります。

 

おわりに

ゴミなんて落ちてねぇ街があればそれが一番なんですけどね!

 

全然どうなるのが良いのかはわからんので、どこかのタイミングで自分もゴミ拾いを日常のサイクルに組み込もうとしてるんですが、行動にうつすことがなかなかできず。

 

街のゴミ拾いに出かけるのがどれだけ難しいかっちゅう話なんですよ!!

 

それを平然とやってのける人たちへの尊敬の念を絶やさないように生きていきたいと思いました!

 

それでは、また!!

 

f:id:PentarO:20200229173037p:plain

手汗対策募集中

 

f:id:PentarO:20200728172320p:plain

過去記事の一覧はこちらから!

twitter開設しました!フォローミー!

 

 

youtubeはこちら! 

上野ぺんたろう - YouTube

 

しれっとブログ村にも参加しました!

↓クリックにてご支援お願いします(*´ω`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

☆ボタン購読登録 是非お願いします!